理系院卒の元アパレル店員が語るファッションブログ

センス、感覚で片付けられがちなファッションを、しっかりと言語化するファッションブログです。

ホワイトハウスコックスの長財布をレビュー【ブライドルレザー】

ホワイトハウスコックス

こんにちは、ファッションブロガーのRyodaiです。

 

質の良い財布が欲しくて調べてみたら、ホワイトハウスコックスってブランドがあるみたいだけど、実際良いのだろうか?

長財布って他の財布と比べて使いやすいんだろうか?

と思っている方はいらっしゃらないでしょうか。

私も購入する前にかなり気になっていました。

 

そこで今回は、私が1年近く愛用しているホワイトハウスコックスのブライドルレザー長財布をレビューしていきます。

 

 

ホワイトハウスコックスとは

ホワイトハウスコックス

1875年創業のイギリスの老舗革製品ブランドで、ブライドルレザーと呼ばれる耐久性の高い革を使用するのが得意なブランドです。

グレンロイヤル、エッティンガーと並び、革小物のイギリス御三家と呼ばれており、3社とも価格帯はほぼ同じです。

この御三家の中でホワイトハウスコックスは知名度が最も高く、カラーバリエーションが豊富なことが特徴です。

また、他の2社に比べてセレクトショップでの取り扱いも多いです。

いわゆるハイブランドではありませんが、世間では憧れのブランドという見方をされることもあり、所有欲を満たしやすいです。

 

深みとツヤを増す頑丈なブライドルレザー

まだこの長財布を使い始めてから1年足らずですが、購入時についていた粉が取れ、ツヤが出てきました。

また、他の財布にはよくあるペラペラした部分が無く、カード収納部分でさえそこそこ厚みのあるレザーになっているため、しっかりした物という安心感があります。

 

長財布はお札を大切に扱える

僕はこの長財布に替えるまで、2つ折りの財布を使っていました。2つ折りの財布は、必然的にお札が半分に折り曲げられてしまいます。

しかし長財布はお札を折り曲げずにしまうことができ、きれいに使うことが出来るため、お札を出し入れするときに心地よさを感じます。

お札をきれいに扱えてやる気が出たせいか、お札の向きまで揃えてしまうようになり、よりお金を大切に扱えるようになりました。

物を大切に扱うことで、自分自身の心にも少し余裕ができたような気がします。

 

高級感ある金色のジップ

ホワイトハウスコックス

ジップと取手が金色で、取手のデザインもシンプルですがお洒落です。

レザーの雰囲気によくマッチしていると思います。

取り立てて意識に上がることは少ないかもしれませんが、このような細かい部分のクオリティーも、財布全体で見たときの印象に影響を与えていることも多いので重要です。

 

ジャストなお札入れスペース

ホワイトハウスコックス

僕はこの長財布を買うときに、1万円札がちゃんと窮屈にならずに入るのかと不安で、商品サイズを調べてみても、若干小さそうな気がしていました。

実際買ってみると、やはり1万円札を入れると少し窮屈でした。その時は失敗したかもと思っていましたが、使って慣れていくにつれて、特に気にならなくなりました

ジャストだとお札の出し入れがしづらいというデメリットはありますが、逆にジャストにすることで必要最小限のサイズになるため、長財布にしてはコンパクトです。

 

小銭がやや取り出しづらい

ホワイトハウスコックス

小銭入れのスペースにまちが無いため広げにくく、小銭を取り出すのに少し苦労します

また、どの小銭が何枚あるのかもぱっと見分かりづらいため、以前の財布を使っていたときと比べて、会計時に何秒か時間がかかるようになりました。

時間がかかると、会計待ちで後ろに並んでいる人やレジ打ち店員に対して気まずい感じになるため、小銭を上手く減らせる払い方を諦める時もあります。

 

 

以上です。

長所、短所それぞれありましたが、ホワイトハウスコックスは所有欲を満たしてくれ、それが自分の中では大きく、満足して使っています。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。