理系院卒の元アパレル店員が語るファッションブログ

センス、感覚で片付けられがちなファッションを、しっかりと言語化するファッションブログです。

【腕時計】オリエントスターがビジネスにおすすめである理由

オリエントスター

こんにちは、ファッションブロガーのRyodaiです。

 

ビジネスで使う腕時計って、どんなメーカーのどんなやつにしたらいいんだろう?と考えたことがある人も多いと思います。

ブランド物は使うと良くないのか、デザインはどこまで遊びが許されるのか等々…

オリエントに目を付けたあなたは、なかなか渋いセンスをしていると思います。

 

今回は、僕が3年間愛用しているオリエントスターが、ビジネスにおすすめな腕時計である理由をお話していきます。

 

 

玄人にも愛される老舗ブランド

1950年から続く、老舗日本ブランドです。

今でこそ日本ブランド御三家というと、セイコーシチズン、カシオが思い浮かびますが、G-SHOCKがヒットする以前はオリエントの存在は大きく、玄人好みの歴史あるブランドという印象が強くあります。

 

オリエントをチョイスする渋いセンスは、時計好きからの印象も良いでしょう。

ミーハーでなく、歴史あるブランドなので、年配の方からの好感度も高いと思われます。

 

つまり、時計に興味が無い層からの評価を特に下げることもなく、玄人の評価もしっかりとっていく、比較的万人ウケするブランドということになります。

 

日本製で機械式

オリエントスター

機械式(自動巻)のため、放置しておくと2日くらいで時刻が止まってしまいます。

時計をしない日が2日続くと、また時刻と日付を合わせ直すことになるので、それが面倒くさいと思う人は避けた方がいいかもしれません。

 

ただ、機械式時計は、ファッションや時計が好きな層からは、その良さを分かってもらえるでしょう。

持ち物にこだわりを持ちたい人は、機械式が断然おすすめです。

機械式時計は、実用性を重視しない一つの作品であり、ロマンが詰まっているからです。

オリエントスターは日本製であるため品質も良く、海外ブランド品のようないやらしさもありません。

 

シンプルで端正なデザイン

オリエントスター

長針、短針がシャープで仕上げがきれいです。

また、文字盤の1〜12までの数字部分は立体的な石になっており、文字盤にプリントしてあるだけの時計と比べてはるかに高級感があります

 

時計サイズは横径が39mmで、大きすぎず小さすぎない、現代のスタンダードなサイズで、デザイン自体も非常にシンプルで癖がありません。

そのため、どんなスーツスタイルにもしっくりとはまります

 

機構が見えるシースルーバック

オリエントスター

時計の裏蓋がスケルトンになっており、機械式時計が動いている様子が見えます

表面はシンプルにしつつも、機械の様子を楽しめるのは面白いです。

 

価格

約5万円です。

機械式時計の入門として、堅実でとても良い腕時計だと思います。

 

 

 

以上です。

ぜひビジネスに最適なオリエントスターをチェックしてみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。