理系院卒の元アパレル店員が語るファッションブログ

センス、感覚で片付けられがちなファッションを、しっかりと言語化するファッションブログです。

【バッグ】BACHのFLINTSTONEをレビュー

 

出典 https://store.shopping.yahoo.co.jp/galleria-onlineshop/bach-flintstone25.html#

 

こんにちは、ファッションブロガーのRyodaiです。

 

今回は、BACH(バッハ)のバックパック、FLINTSTONE(フリントストーン)をレビューしていきます。

 

 

BACHとは?

アイルランド発のアウトドア系のバッグブランドで、現在はスイスが拠点です。

 

サイクリストが使いやすいような独特なギミックを持ったバッグも作っており、機能性が独自なバッグを作るブランドです

(ヘルメットホルダーが収納されていたり、レインカバーが収納されている等)。

 

価格はアウトドア系ブランドの中でやや高めで、アジア製ながらも品質も高めです。

 

 

価格

税込みで14,850円です。

インターネットでは、1万円くらいで買えたりするのでお得です。

 

他のモデルは、もう少し機能性が高く容量も大きいので、高めです。

 

 

堅実な作り

 

 

出典 https://zozo.jp/shop/ships/goods/13066432/?did=29232302

 

生地がしっかりしています。

 

バッハのバッグを見てしまうと、ノースフェイス等、他ブランドのバッグの作りが頼りなく見えます。

 

ファスナーを引っ張る金属や、パチンと留めるプラスチック部品もある程度良い物を使っていて、派手ではないですが、安心感があります。

 

一つひとつの部品、生地が良いので、ぱっと見も値段相応には見え、ブランド代で価格をつり上げている商品とは違います。

 

 

スタイリッシュかつ骨太な雰囲気

北欧ブランドらしく、クリーンでスタイリッシュな雰囲気があります。

 

しかし同時に、骨太さも兼ね備えているのがバッハの魅力です。

他のアウトドアブランドでは出せない雰囲気だと思います。

 

独特なギミックにこだわりがあるブランドということもあり、機能性を重視しており、その丈夫さ、骨太さがバッグ全般のデザインにも反映されています。

 

スタイリッシュですが、ガンガン使っていけるタフな雰囲気があります。

 

 

男性も女性も使える

容量が25Lで、デザインも中性的なため、男性でも女性でも使えます。

 

バッハのブランドの雰囲気としては男性の方が合うと思うのですが、

FLINTSTONEに関しては女性が使ってもよく、女性のファッションに骨太な感じをミックスするのは面白いと思います。

 

がっちりした男性だと、バッグが少し小さく見えるかもしれません。

中肉中背ならば問題無いです。

 

 

形が崩れない

荷物を入れても形が崩れません。

 

また、生地が厚めで丈夫なため、荷物をあまり入れなくても、見た目にそこまで違和感が出ないです。

 

荷物が多すぎたり少なすぎたりすると、見た目がおかしくなると気にすることもありますが、

全般的にバッハのバッグに関しては、その点はあまりシビアに考える必要はありません。

 

 

適度な数のポケット

 

 

出典 https://zozo.jp/shop/ships/goods/13066432/?did=29232302

 

外側に3つ、内側に1つのポケットがあります。

 

少なすぎると使いにくいですし、多すぎてもバッグ自体が重くなったりかさばったりするので、丁度いい数のポケットだと思います。

 

外側の一番大きいポケットはマチがあり、そこそこの量が入ります。

500mlのペットボトルが2本入って、まだ少し余裕があります。

 

 

意外とかぶらない

シップス、ジャーナルスタンダード等の大手セレクトショップでも取り扱いがありますが、何故か意外とかぶりません

 

アウトドア系でありながらスタイリッシュというところが、カジュアルな普段着にも合うと思いますが、まだ知名度はそこまで高くないようです。

 

物やブランドイメージ自体は、今後流行ってもおかしくないレベルだと思っています。

 

 

 

以上です。

独特な雰囲気を持つバッハのバッグを、ぜひチェックしてみてください。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

※関連記事

www.ryodai-fashion.com