理系院卒の元アパレル店員が語るファッションブログ

センス、感覚で片付けられがちなファッションを、しっかりと言語化するファッションブログです。

【ユニクロ】お洒落なWEARの春コーデを解説

こんにちは、ファッションブロガーのRyodaiです。

 

今回は、ユニクロアイテムを使った、WEARのお洒落な春コーデ3つを解説します。

どこがお洒落なのか、コーディネートのポイントは何なのかを説明していきます。

 

 

コーデ① 淡めのトーンでまとめて春らしく

 

リリメリタロウさん

UNIQLOアイテム】:ジャケット、シャツ、ボトムス

UNIQLO

出典 https://wear.jp/lilymelitarou/14318661/ 

 

・キャップを除き、淡めのトーンでまとめて春らしさを出している

キャップは濃い色だが、シャツの青と同系色のため、浮いて見えることがない。

また、青は爽やかなイメージのため、春らしさもある。

 

シャツのボタンの白と、スニーカーの白がリンクしていて、統一感が生まれている

少し離れた場所の色を拾うと、統一感、馴染んでいる感がアップする。

 

靴とボタンは位置の離れ方が適度なので良い。

例えばだが、メガネとシャツのボタンくらいの距離だと、距離が少し近すぎるため、統一感を持たせる効果は出にくい。

 

・シャツ、スラックスだときれいめな印象が強いため、スニーカー、キャップ、カジュアルなジャケットを使って、フォーマルな印象になりすぎないように調整している。

 

キャップと知的なメガネという異テイストをミックスさせることで、こなれ感を出している。

 

・全体的にゆるめのサイズ感も、春らしさがある。

 

 

 

コーデ② 白Tシャツには統一感ある小物使いでセンス良く

 

くるまやさん

UNIQLOアイテム】:カットソー

UNIQLO

出典 https://wear.jp/kurumaya0912/14438621/

 

シンプルで味気ないコーデにならないように、腰から垂らしたベルト、時計、ブレスレット、ニット帽をプラスして、バランスを取っている。

小物類を多めに使用したコーディネートだが、

カットソーが白の無地で面積が大きいため、ごちゃごちゃ感は全くない。

 

垂らしたベルト、時計、ブレスレットが全て細めなため、統一感があり、カジュアルコーデながらも上品さを与えている。

 

・シューズと腰から垂らしたベルトが両方とも黒のため、色がリンクして統一感が生まれている。

 

・カットソーがゆったり目のため、のっぺりとした印象にならないように、袖捲りをして、立体感と動きを出している。

 

シューズをレザーにしたことでコーディネート全体を一気に引き締めている。

このコーデでシューズがスニーカーやサンダルだと、子供っぽくなってしまう可能性がある。

 

 

 

コーデ③ 鉄板の青×茶(アズーロ・エ・マローネ)で青を引き立てる

 

まーしいさん

UNIQLOアイテム】:シャツ

UNIQLO

出典 https://wear.jp/masuda0514/14427887/ 

 

・ブルーとブラウンの組み合わせがきれい。

イタリアファッションでは鉄板の色の組み合わせで、アズーロ・エ・マローネと呼ばれる。

 

・シャツ、スラックスがフォーマルな印象のため、スニーカー、リュックでカジュアルに落とし込んでいる。

 

ブラウンは、ボトムス、スニーカー、ジャケットに使われていて、濃さを少し変えてグラデーションになっており、馴染みが良い。

 

・スニーカーにブラウンが無く、オールホワイトだった場合、白が唐突すぎて浮く可能性がある。

ブラウンもあることで、白がしっかりと馴染んでいる。

 

・シャツのボタンの白とスニーカーの白をリンクさせているのも良い。

 

・ブラウン、ホワイト、黒を全体に違和感無く馴染ませることで、メインの青のきれいさを引き立てている。

 

 

 

以上です。

UNIQLOアイテムを上手に活用して、お洒落に春コーデをしましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 

 

※関連記事

>>【春コーデ】WEARのお洒落メンズコーデ解説

 

>>ユニクロの活用方法、コーデ、アイテム選びのコツ4つ

 

>>【春コーデ】アーバンリサーチスタッフのコーデを解説