理系院卒の元アパレル店員が語るファッションブログ

センス、感覚で片付けられがちなファッションを、しっかりと言語化するファッションブログです。

【春コーデ】WEARのお洒落メンズコーデ解説

こんにちは、ファッションブロガーのRyodaiです。

 

今回は、WEARで見つけたお洒落な春のメンズコーデを紹介、解説していこうと思います。

 

なぜお洒落に見えるのか、コーディネートのコツは何なのかを、具体的なコーディネート3つをもとに説明します。

 

 

コーデ① きれいな色のカーディガンは色を生かす

 

木山正己さん

f:id:ryodai_fashion:20190411055117j:plain

出典 https://wear.jp/kiyamasami/14078758/

 

・きれいなグリーンが春っぽい。

きれいな色は春、冬に使うのが効果的

 

なぜ春に向くか?

ファッションは大きく春夏、秋冬と2つのフェーズに分けられ、春は長い秋冬からようやく抜け出すタイミングのため、

抜け出してきた感をやや大げさに表現するのが大切だから。

 

なぜ冬に向くか?

冬はダークトーンで印象が重くなりがちなので、きれいな色を使うことで、重さを吹き飛ばせるから。

 

 

きれいな色を使うなら、白の面積を大きくとることが重要

 

もしこのコーデでカーディガンの前を全部閉めて、インナーの白が見えなかったとしたら、このグリーンがきれいに見えず、色自体もくすんで見えてしまう。

白の面積を大きくとることで、その白の中でグリーンが生き生きと見えてくる。

 

・全体的にややゆったり目のサイズ感で、ビビットカラーも使っているため、子供っぽくなりがち。

しかし、パンツを黒にして全体を引き締めることで、大人のコーディネートとして成立させている

 

主役はきれいなグリーンのため、柄物は使わない

無地でクリーンにすることで、色をポイントにする潔さを表現できる。

柄まであると、何がポイントなのか分からず、ごちゃごちゃしてしまう。

 

 

コーデ② セットアップはカジュアルダウンする

 

KOTAさん

セットアップ

出典 https://wear.jp/revo0523/14445213/

 

セットアップスタイルは、どこかでカジュアルダウンするのが必須

カジュアルダウンしないと、ただのスーツになってしまうため。

 

この例だと、カジュアルダウンした要素は主に3つ。

 ① 靴がスニーカー

 ② インナーがカットソー

 ③ キャップを使用

 

パンツとジャケットがかなりテロっとした生地で、もとから少しカジュアル感が強いため、スニーカーを合わせても違和感が無い。

もしも本当のスーツにスニーカーを合わせてしまったら、スーツとスニーカーで印象が違いすぎて、違和感が出てしまう。

印象が違うアイテムを合わせるのは効果的だが、違いすぎない程度に収めるのが大切

 

・パンツの丈の長さが絶妙。

 

セットアップの場合、パンツの丈が長いと、裾部分にクッション(しわ)ができてしまい、野暮ったい印象になってしまう。スーツっぽくも見えてしまう。

 

9部丈くらいにすることで、パンツにクッションが出来ず、すっきりと見える

 

ビジネススーツで9部丈だと遊び感が強くなりすぎてしまうが、

私服なので、そのくらい思い切って短めにした方が街着感が出やすい。

 

・薄い生地、薄い色のジャケット、パンツで春らしい軽快感を表現している。

 

・インナー、スニーカーに白があるため、白のソックスが何の違和感もなく馴染んでいる。

私服でソックスが見える場合は、白にしておくのが、今の街着ファッションでは無難

 

・サングラスで個性を出している。

セットアップコーデは20代の人もやっているが、その差別化として、

サングラスでちょっとワルい大人の余裕、遊び心を持たせている。

キャップを使うことで、ワルい印象だったコーデをシティーボーイ風にして、マイルドにまとめている。

 

 

コーデ③ 小物に統一感を持たせる

 

じーたーさん

春コーデ

出典 https://wear.jp/haruki0607/14441446/

 

・バッグは小ぶりなレザーのものをチョイスして、スニーカーでカジュアルになった印象を上品にしている。バッグの紐が細いのも上品なポイント。

 

華奢なネックレス、メガネが、上品なバッグと印象が似ていて、違和感が無い

もしもここでゴツいネックレスをしたら、バッグ、メガネとの印象が違いすぎて、ちぐはぐなイメージを与えてしまう。

 

・髭、メガネ、髪型、髪色の相性が良い。知的でお洒落な大人感を演出している。

 

・ニットの色が薄めなので春っぽい。

また、コットン系でざっくり編んだニットのため、軽やかな印象。

サイズもややゆったり目で、春っぽいリラックス感がある。

 

・パンツの丈を9部丈くらいにすることで、スニーカーをしっかりと見せている。

スニーカーの紐が規則正しくきれいに通されている部分を見せると、それだけで一つポイントを作れる

 

・黒と白のバランスが良い。

春なので、白で爽やかで明るい印象を持たせつつも、

パンツ、バッグの黒で引き締めている。

 

 

 

以上です。

春のコーディネートの参考にしてみてください。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

※関連記事

>>【ユニクロ】お洒落なWEARの春コーデを解説

 

>>【春コーデ】アーバンリサーチスタッフのコーデを解説